ちふれ化粧水口コミ「シンプルでも潤わせる」効果的な使い方

メイクで隠さないすっぴん美肌に♡口コミは美容マニアも多い@cosmeを参考にしてます♪
@cosme評価は2018/7/1時点(毎月更新)

暑苦しい夏ですが、お肌の保湿は忘れずに^^

角質層へすっと浸透。べたつかず、ぷるんとうるおいあふれる肌へ導く、ちふれの化粧水しっとりタイプの口コミによる効果的な使い方・使い方のちょっとしたアドバイスのご紹介です。

@cosme評価4.5/7
口コミ3311件
注目人数1402人

chifure
出典:http://www.chifure.co.jp/products/skinlotion/2003.html

ちふれ化粧水しっとりの効果的な使い方

使用感はかなり潤う感じで、何度か手でプレスすると肌に浸透します。化粧水、乳液、クリームの順でゆっくり肌に染み込ませながらつけています。ニキビがあっても染みたりスースーしたりすることもなく、刺激はとっても控えめで安心感があります。香りも特についていないので、気になることもありません。ニキビが気になる方はぜひ化粧水、乳液、ボラージクリームを試して頂きたいです!しっとりタイプでないとニキビケア成分がはいっていないので注意。ラインで揃えても2000円ほどなので、コスパも抜群! 25歳 普通肌

出典:由香子さん

サラッとした水のような化粧水ですが、塗布後はしっとりな仕上がりです。シンプルで無駄のないパッケージも魅力で、ボトル自体の重さが少ないので、旅行にも持っていくことが多いです。コットンで、ふき取り化粧水のように使うこともでき、手でしっかり塗り込むこともでき、バリエーション多く使うことができます。29歳 混合肌

出典:Rたんさん

最初はまぁ良くも悪くもなくかな…と思って使っていましたが、毎回洗顔後に2.3回に分けて肌に馴染ませ浸透させていたら肌もだいぶ潤ったようで、以前に比べ肌の触り心地がしっとりしてきました!20歳 混合肌

出典:ぴろしばさん

何しろ年齢が年齢ですし、エアコンで乾燥もするのでコットンで3回以上パッティングしながら浸み込ませています。指には力を入れず、そぉっとそぉっと優しーくです。一回ごとに掌で顔を包み込みます。美白効果やエイジングケアはないんですが、刺激のある物を使うと肌が赤黒くなってしまう私には合っています。この後にアクアレーベルのオールインワンジェルで問題なしです。48歳 敏感肌

出典:トッポジーニョさん

少量でとても潤います!2、3回化粧水を繰り返しパッティングすれば、ツルツルもちもち肌になれますよ^^コスパが良く詰め替えもありますので、以前使っていた化粧水からこちらに切り替えちゃいます♪ 22歳 混合肌

出典:まぁずさん

こちらのしっとりタイプのみ、ニキビに効果のある成分が入っていると書いてありました。コットンでなじませるように使用中です。肌荒れが落ち着いています。35歳 混合肌

出典:かんぱち0330さん

湯上りにも、化粧の前にも、これを使って、上からニュートロジーナのハンドクリームを手のひらで伸ばして薄く塗ります。他にこれといってケアはしませんが、安定感があります。26歳 脂性肌

出典:なつ子DXさん

ちょっとポイント

ちふれしっとり化粧水の最大の強みは、『普通に潤って、刺激がない(安心感・肌荒れしない)、落ち着き』のようです。いつも高価な化粧品を使用して有効成分などお肌に負担がかかる、重い・・・と感じる時にも大活躍してくれそうです。また、ニキビに悩まされてる方にも好評で、ニキビに効果がある成分「グリチルリチン酸2K=ニキビの炎症を鎮める効果」が配合されています。*ニキビ効果のグリチルリチン酸2Kはニキビ予防には効果はありません。

化粧水は手の場合、パッパとすませるのでなく、頬、額、あごなど部分的にも数秒ほど手を置いて、最後は顔全体を手で包み込むように優しくハンドプレス。手の温度と密封されることで浸透もよくなります。化粧水だけでは、水分が蒸発してしまうので、後の油分(乳液など)で潤いに蓋をすることも忘れずに。

*10代で水分と油分がお肌に十分ある場合は、油分を足すとかえって毛詰まりやニキビ原因になるので、油分の量を調節するか、控えることをおすすめします。(化粧水をつけた後、しばらくして肌の乾燥を感じない方も)

また、パッティングの場合はテキトウだと逆効果にも。ネット検索など正しいやり方を覚えましょう。(検索例:化粧水 パッティング)

お肌のごわつき、くすみなど感じた時は、古い角質がお肌にとどまってる可能性があります。角質ケアすることで化粧水のお肌への浸透がよくなり、お肌のターンオーバーを正常にするためにも定期的な角質ケア(ふき取り化粧水や角質ケアできるクレンジング、パックなど)がおすすめです。但し、やりすぎはお肌を痛める原因にもなるので頻度は注意しましょう。