ちふれ乳液「低評価だけど賢く使って満足度120%!」

メイクで隠さないすっぴん美肌に♡口コミは@cosmeを参考
@cosme評価は2018/4/1時点(毎月更新)

保湿成分 ヒアルロン酸、トレハロース配合で、肌をしっとりと保ち、ノンアルコールの乳液、口コミでも人気のちふれの乳液(しっとりタイプ)の口コミによる効果的な使い方のご紹介です。

@cosme評価4.0/7
口コミ1112件
注目人数437人

ちふれ乳液・しっとりタイプの効果的な使い方

同じくしっとりタイプの化粧水と共に使っています。夜は掌に500円玉大に出して使って翌朝までしっとりしています。つけたてはベタつきますが、割とすぐに染み込みます。朝のメイク前にも使っていますが量を調節すればベタベタは気になりません。夜使う量の半分ぐらいでちょうどいいです。21歳 混合肌

出典:あん子さん

洗顔後すぐにコットンに500円玉くらい出して顔全体をマッサージしながら拭き取るかんじで塗ってそのあとに化粧水、美容液など塗って最後にまたコチラの乳液を手でマッサージしながら塗って仕上げてるんですが、最初に乳液で拭き取るとクレンジングで落ち切れてなかった汚れがけっこうあって(笑)それを拭き取るおかげかニキビが減りました!肌も柔らかくフニフニになった気がします(^^)化粧をする前も同じ工程でやってますが、ベタつきやテカリはあまり気になりません(^^)26歳 混合肌

出典:H!KARUさん

アイメイクを全くしていない薄化粧の時の、メイク落とし代わりに使ってます。コットンに取って、ふきふき。コットンに付かなくなるまで、ふきふき。そしてそのままベッドへ。乳液なので、その後に洗顔しなくてもいいし、つっぱらない!39歳 普通肌

出典:hana_karinさん

コットンパックをしてから鏡を見ると頬の毛穴が小さくなったと思える様に。最近は、ものぐさな感じなんですけど、ローションをコットンに染み込ませその上に乳液を伸ばしたものでパックしています。(1回で済まそうとするのはキレイな行為から遠ざかる気もしますが…時短でしてしまおうと)良い記事を書いてくださったエルリンさんに感謝しながら、乳液コットンパックを継続していきたいと思います。38歳 敏感肌

出典:みぃみぃ3さん

普通に化粧水の後に使いますが、3日置きくらいにこの乳液をコットンにたっぷり含ませて乳液拭き取りをしてます。基本的に小鼻中心にくるくると優しく拭き取りすると、小鼻の毛穴がすっきりきれいになります。白い角栓とか気になってる人やってみて欲しい。化粧水で拭き取りするより、乳液でするほうがお肌もふっくらになるのでおすすめです。32歳 乾燥肌

出典:ぱんせさん

ちょっとポイント

特別に特徴がない「普通の乳液」という評価が多いです。また合う・合わない(ニキビができた、べたべたするなど)でかなり意見が分かれてます。

乾燥肌は角質層の水分量が減少、敏感肌は肌バリアが低下し肌トラブルを起こしやすく、肌老化も普通肌より進みがちです。またエイジング肌も加齢とともに、水分や油分が減少してきます。
乾燥肌、敏感肌、エイジング肌は、お肌の改善、肌老化加速をさせないためにも、しっかりお肌に潤いが溜まるケアがとても大事です。高価な化粧品をラインで揃えなくても、例えば化粧水の後に、保湿系(セラミドやヒアルロン酸)の美容液をプラスしたり、ちふれ化粧水+ちふれ乳液+フェイスクリーム(乾燥が気になる部位)でしっかり潤いに「蓋」をすることもおすすめです。普通の乳液でも、使い方次第で潤いを肌にしっかり閉じ込めることができます。保湿を実感できない場合、化粧水からのステップが間違っている場合もあります。

手の場合は、おでこ、頬、顎と部位もしっかりハンドプレス→最後に顔を包み込むように優しくハンドプレス。化粧水がしっかりお肌に馴染んだ後(手に水分の感触がなくなる感じ)に乳液をつけるのがポイントです。

コットンの場合は使い方がテキトウだと逆効果にもなるので、ネット検索などで正しいやり方を覚えましょう。(検索例:コットン 乳液 使い方)

また、年齢・肌質・肌状態によっては乳液が重たくなる(毛穴づまり、ニキビ、メイクのよれ)ので、この点は乳液の量を調整してみましょう。十代はお肌に水分、油分が十分あるのであえて乳液を使わない方がいい場合もあります。